リアルタイムランキング

閉じる もっと見る

丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **

丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
金額 1,980円 (税込)
販売者 軽バン配達員 Lv.0
カテゴリー おさわり・いたずら
商品名 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
商品ID 45645
販売開始日 2023年02月10日
いいね数 1
総閲覧数 6,338

サンプル画像

  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **
  • 丸の内OL 夜道でフラつく美脚を捕獲 薄緑色の下着に金玉沸騰 軽バン荷台 **

商品説明

宅配ドライバーの労働は過酷になるばかりだが、一般人は誰も見向きもしない。
「時間通りに荷物が届かない」
「置き方が雑」
聞こえてくる声は文句ばかり。
多くの人間は、届いて当然の荷物だと勘違いをしているらしい。
私はロボットではない、交通事故に注意し、最短ルートを選び、寒い日も雨の日も荷物を届けているのだが、誰一人感謝などしていない。
精神も肉体も限界だが、走り続けなければ生きてはいけない。
この社会は一度落ちてしまったら最後だ。

ルフィという凶悪*が毎日報じられているが、彼の気持ちを私は理解できる。
彼も私と同じ、この日本社会のレールから落ちてしまった一人なのだろう。
彼にとっての生きがいは「金」であり、私の生きがいは「女」だ。

夜の徘徊で失敗が続いていた私は、インターネットの怪しげなサイトで、ある物を購入した。
その物を使う日が初めて訪れた。

この日、夜間の配達エリアは大手町や丸の内周辺だった。
オフィス街が多く、夜間の荷物は少ない。
私にとってはおいしいエリア。
最後の荷物を配り終え、新宿方面に向かおうとしていた時、千鳥足でふらつく女が歩く姿を見た。
路上に車を停め、徒歩で遠くから尾行を始めた。
水色のコートを着ているが、靴は黒のハイヒールに黒のバッグ。
ここは丸の内、間違いなくOLだ。
髪の毛は黒髪で肩くらいまでの長さ。
背が高く、160センチ後半はありそうだった。
会社の飲み会の後だろうが、路上の手すりにつかまりながら歩く具合だ。
慣れない場所だが、やれるかもしれないと私は思った。
そのまま娘を数分尾行すると、街灯にもたれ掛かり座った。

私は路上に座り込む娘に、優しく語りかけた。
「タクシーを呼ぶからここで待つように」
娘は今にも倒れそうな状態だが頷いた。
私は小走りで車に戻り、娘の座る小道へ車を走らせた。
潰れている娘のところへ到着すると、私は荷台に乗り込み、ある物を初めて仕込んだのだ。
そして娘に水を与え、語りかけた。
「タクシーは捕まらないから、東京駅まで車で送る」と。
吐くと困るから荷台で横になるようにと誘導した。
あまりに簡単だった。
社会の怖さを知らないようだ。
暖かなオフィスで悠々と仕事をしている丸の内のOL。
若く容姿が良ければ、男達にチヤホヤされ、楽しい毎日に危機管理能力などないのだろう。
暖房を強め、しばらく車を走らせると
娘は完全に深い夢の世界へ堕ちたようだった。

安全な場所な場所を見つけ、私も荷台へ乗り込んだ。
横たわる娘のコートのボタンを外すと、真っ白の綺麗なワイシャツ。
そして黒のタイトなスカートに、薄いストッキング。
これぞ丸の内のOL。
20代後半から30代前半だろうか。
真面目そうで、仕事もできそうな顔立ちだ。

インターネットで買ったある物の効果に疑心暗鬼だった私は、娘が起きてしまったらという焦る気持ちに負けた。
スーツ姿の娘の服を脱がさず、早々に自らを慰めてしまったのだ。
本当ならば黒のスーツスカートに、私の液体をぶち撒けてやりたかったが、証拠が残る可能性がある為、ここは冷静になった。

早くも清清とした気持ちとなったが、目の前に転がるスタイルの良いOLを見ると再び欲情した。
いつも通りに娘を脱がそうとしたが、この娘は実によく動く。
起きたのかと何度も焦り、その度に様子を見ながら少しずつワイシャツのボタンを外した。

アダルトビデオでは、ワイシャツの下はブラジャーだが、本物のOLはセクハラ対策なのか、黒いキャミソールを着ていた。
ブラジャーが透けて見えれば、職場の男たちが興奮して仕事に集中できないのだろう。
だが私の前では無意味な努力だ。
キャミソールを捲ると薄い緑色の花柄ブラジャーが出てきた。
さすがは丸の内のOL、清潔さがあるブラジャーだ。

ブラジャーの次はパンティーを見たい。
娘を横向きに寝かせ、ゆっくり黒いスカートを捲り上げていった。
ストッキング越しに出てきた足はとても長く、稀に見る美脚に美尻。
娘の勤務先の職場の男たちは、毎日この足と尻を目で追っているのだろう。
ブラジャーと同じ緑色のパンティーの淵には、白いレースもついていて、美しい眺めだ。
この娘の会社の上司たちも見たいだろうと思うと、優越感がたまらない。

私のような社会の底辺にいる男が、ホワイトカラーの娘に遠慮などするはずはない。
何の罪悪感もないまま、娘のストッキングを破り、生尻を露わにしてやった。
張りもあり、肌が白く美しい。
ずっと触れていたい温もりと感触だった。
下着の上から局部を軽く触れると、体が少し動いた。
よく動く娘だが、夢の中でもしっかりと体は反応しているのだろう。

薄緑色のブラジャーのホックを外し、娘を仰向けにした。
キャミソールとブラジャーを一気に捲り上げると、綺麗な形の胸と可愛らしい乳首が出てきた。
この真面目そうなOLの乳首は、過去何人の男が目にしたのだろう。
きっとそう多い人数ではないはずだ。
私のような男が、この清潔で美しい乳首に触れている。
その事実に悦びを覚えた。

決して巨乳とは言えないが、綺麗な形の胸をしっかりと揉んでやりたくなった。
私は娘の上体を起こし、背後に回り込み
後ろからOLの胸を揉み続けた。
少しの張りと柔らかさ。
私の股間は再び限界に到達しようとしていた。

再び娘を仰向けにし、パンティーを剥ぎ取り
膨張した私の竿をパンティーで包み込んだ。
OLの生パンティに包まれた私は、1分も保たずして絶頂を迎えた。

やはり真面目な女の裸や下着は
私にとって最高の快楽だ。

この後の事はご想像にお任せする。

しばらくして靖国神社の近くに娘を下ろした。
その後の状況からして、怪しいサイトで買った物は間違いなく有能だ。
これさえあれば、途中で娘に気づかれるという心配事はなくなる。
より一層、夜の徘徊が愉しみになった。

動画時間:約37分35秒
フレーム:1920×1080
サイズ:約1.37 GB

私自身を守る為にもカメラを撮っている時、娘のマスクはつけたままです。

・登場する人物は18歳以上である事を確認しております。
・登場する人物はモデルであり、同意の上で撮影を行っています。
・フィクションであり登場人物、撮影場所に関しては一切関係ございません。
・日本国内で適用されている全ての法律に違反する内容は一切含まれておりません。
・動画や画像の転売・転載・複製・編集などは著作権法違反であり、固く禁じております。

商品のご購入はこちらから

1,980円 (税込)

この商品を広告しませんか?

商品を広告すると、広告料金の一部が販売者に還元されます。

商品情報

商品ID 45645
ファイル名 marunouchiol0210.mp4
ファイルサイズ 1399MB
販売開始日 2023年02月10日
いいね数 1
総閲覧数 6,338

販売者情報

販売者名 軽バン配達員
自己紹介 盗撮が職場にバレて解雇となり、仕方なく軽バンの宅配ドライバーとなる。
激務のストレスを解消に眠れる夜の美女を探す記録。

商品のご購入はこちらから

1,980円 (税込)

Copyright © 2024 PALPIS(パルピス) All Rights Reserved.